びまん性脱毛症という女性版のAGAについて

男性ほど多くはないにしても、女性でも薄毛で悩む人がいるようです。

男性の薄毛はそれほど珍しいことではないので、逆に女性で薄毛となると悩みの深刻度は男性の何倍もあるだろうと推測できます。

そのせいか、女性用の育毛剤というものも販売されていて、その商品数はどんどん増えているように思えます。

そして、通販サイトを見ると、かなり売れています。

>>> 【楽天市場】女性用の育毛剤

女性の脱毛症は男性の脱毛症(AGA)とは区別されていて、びまん性脱毛症と言います。

女性版のAGAにあたることから、別名「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれています。

びまん性脱毛症の特徴は、部分的にではなく、髪の毛全体が薄くなるということです。

脱毛が少しずつ進行していくのでなかなか気づきにくく、気づいたときには症状がかなり進行していることが少なくありません。

びまん性脱毛症の原因としてよく言われているのが、女性ホルモンの減少です。

年齢を重ねるにつれ女性ホルモンは徐々に減少し、閉経を迎えるころには急激にホルモンバランスが乱れてきます。

よくいわれる更年期障害が起きるのもこのころです。

女性ホルモンが減少するとAGAの原因となる男性ホルモンが優位になるので、脱毛が起こりやすくなります。

さらに、頭皮の潤いを保っていたコラーゲンや皮脂も減少するため、頭皮が乾燥して脱毛につながると考えられているのです。

これ以外にも、ダイエットや生活習慣の乱れ、過度のヘアケア、ストレスなども脱毛に関係していると言われています。

ただし、男性のAGAよりも回復しやすく、これらの原因さえ解消できれば症状が改善されやすいのも特徴です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする